Sunday, November 21, 2004

お知らせ


遊びに来て頂いて有難うございます。このブログ、コメントがどうも書きにくいようですので、この度新しいブログに引越すことにしました。引き続き遊びに来てくださいね。もっと気楽に足跡を残して頂けたら嬉しいです。

新しいブログ日記 <-ここをクリック!!

vivid memories Potteryをupしました。

ゆっこ

Friday, November 19, 2004

お出かけ


今日は素敵なマダム2人とアンティックショップめぐり。早速下のカバンを持ってお出かけ。ワクワク。新車に乗せてもらって、ご機嫌な一日がスタート。新車のにおいって大好き!!そういえば新品の上履きのにおいが好きだったけ(こんな人いるのだろうか?)。なんだかちょっと思い出す。

お買い上げ


まずはそこらにあるドネーションショップをまわってみる。このOld Pyrex($1.99)をそこでお買い上げ。なんだか妙に懐かしい絵柄。そしてSantana Row近くにあるアンティックショップで、1時間以上、のんびりまったり一人一人が一人一人の時間を楽しむ。素敵マダムの一人がガラスの素敵なトレーを購入。あそこの家具の上に置くのかなあ。今度じっくり見せてもらおう。

Straits Cafe


ランチはSantana Rowのシンガポール料理へ。席に案内してくれた女の人、180cm以上はあったぞ。それでもってほどんど足だったんだけど・・・。

お味は・・


ちょっと贅沢なランチ。昼まっからロブスター料理を注文。そしてナシゴレン。カニよりロブスターの方が食べやすいとウエイターが言うものだから、それを信じたけど、口も手も凄いことになった。ロブスターって思ったより身が少ないのね。トウチが効いたソースが美味だっだなあ。ソースを持って帰ってご飯につけて食べたかった。(2杯はいけるね)

それにしても、このナシゴレンの上にのっている赤ピーマンが、紅しょうがに見えるのでラーメン屋のチャーハンに思えてしまうんだけど・・・。ああ、本場のナシゴレンが食べたい(私にとって、半熟卵がのっているやつ)。きっとここは、私にとってなんちゃってナシゴレン。味は美味しいんだけど・・・。

素敵な生き方をしているお二人。私もこんな風に歳を重ねたい。今日はお誘い有難うございました。

そして素敵な日の最後のしめにまた嬉しい事が・・。「ゆっこさ~ん、元気?」と車の移動中に電話をくれたHさん。いつもいつも気にかけてくれて有難う。仕事が休みに入ったら、ケーキ焼いて遊びにいくから待っててね。

Wednesday, November 17, 2004

手作りバック


友達が作ってくれた手作りバック。手先が器用なこの友達は、ズボン、洋服、なんでも作ってしまう。無理いって私にも作ってもらう。う、嬉しい・・・。大切に、大切に、使うからね。
仕事と家の往復(しかも車)、買い物(食事の)嫌い、出不精。そんな主人を持ったこのカバンは、出番を静かに待っている。早くお出かけしてくれ・・・。

Monday, November 15, 2004

言葉


初級のクラスで「セーターを着ています」という構文がでてくる。せっかくだからここで「着る」について、もう少し細かく教えてしまう。英語だと「put on / wear」ですむのに、腰より上、腰より下、帽子、眼鏡、そしてアクセサリーによって、日本語では細かく使い分けることを!!

じゃ、着物は?スーツは?ドレスは?コンタクトレンズは?ビキニは?エプロンは?ネクタイは?・・・・今日のクラスは、質問がでるは、でるは。まあ、興味を持ってくれて嬉しいんだけど。

オットが今日のBlogで“関心があるかによって、言葉の表現の幅の広がりかたは変わっていくのだろう“と書いてあった。日本人は「身に着ける」にどうしてそんなに関心があったのかな?

Sunday, November 14, 2004

あなたも私もポッキー!


日本のコマーシャルを見るのが夫婦で結構好き。日本の番組が入っているビデオなども、コマーシャルを飛ばさないで、ゆっくり楽しむ。

今二人のブームは、ポッキーのコマーシャル。頭の中で「あなたも私もポッキー」と壊れたレコードのようにこのフレーズが繰り返される。そして思わず買ってしまった、赤い箱のポッキー。特に目新しい味な訳じゃないのだけどなあ・・・。思う壺。

オットのBlogも同じ話題。オットはかなり衝撃を受けていた。

Saturday, November 13, 2004

落ち葉の後は・・・


庭の前にはたくさんのメープルの木。色づいた葉を窓から見ることができるのは嬉しいのだが、今の季節、落ち葉の掃除が非常に大変。掃いても掃いても終わりがない。じゃ、いっそう掃くのを止めましょうか。

溜まった葉に雨が降るものだから庭が一向に乾かない。そのうちキノコが生えてくる。やっぱり横着しないで掃きましょう。

Friday, November 12, 2004

赤い落ち葉


仕事の帰り駐車場で惹きつけられた鮮やかな赤。ベイエリアでは紅葉した葉が落ち始め、雨季の季節に突入。毎日どんより天気。金曜日の今日は雨も一休み。久しぶりの青い空。

黄色い落ち葉


下を向いて歩いていて楽しい季節、って歩くことはほとんだ無いのが・・・。イチョウの葉を見ると日本、そして父を思い出す。小さいとき、よく父に銀杏拾いに連れ出されたんだよねえ。家中が凄い匂いに包まれていたっけ。

イチョウ


冬時間(一時間早くなる)になってからというもの一日が早く感じる。6時ごろで、辺りは真っ暗。6時のクラスに行くために、5時半頃家を出る日が本当に辛い季節。

Wednesday, November 10, 2004

一体この人は・・・


日本語の生徒さんの一人。先週のハロウィンで、彼はこうなって子供達を喜ばせたそう。なんと次の日の月曜日、この姿で会社にやってくる。もちろん日本語のクラスにも!!!わあああ、おったまげ。す、素敵過ぎます!!

そして彼はこの姿で昨日まで過ごしたのである。もちろん大企業のマネージャー。今日の朝、綺麗さっぱり。ヒゲがあった方が寒いと笑って話す。凄いなあ。

同僚達は「明日はヒゲをそってくる」と毎日賭けをしていたそう。貯まったお金は寄付するんだって。彼に「小数派ベスト10」をやってもらいたい。きっと面白いだろうなあ。

Tuesday, November 09, 2004

少数派ベスト10


Life is beautifulというBlogで「自分が少数派になるだろう項目ベスト10」で自己紹介してみるという企画が出ていた。友達やオットがBlogでやっていたので、早速私も真似してやってみる。
1.中学生の時、東京都の大会、100m走で一位になったことがある。
(しょっぱなから自慢か!!でもタイムが悪かったので全国大会には行けず・・・)
2.母が双子である。(母の妹の子供も双子!!)
3.車の中でオットの顔にゲロをかけたことがある。(オットは笑うしかなかった・・・)
4.空港で移民局に連行されたことがある。(出てきた時ショックで涙と鼻血が同時に・・・)
5.ハワイに行ったことがない。(それに比べてオットは20回くらい行っているのでは・・・)
6.船で北海道を往復したことがある。(高所恐怖症の祖父と一緒だったため、途中台風にあい1日以上もかかってしまう・・・)
7.電車とホームの間に落ちそうになったことがある。(間一髪オムツのおかげで、止まった!!)
8.高校生の時、皆勤賞(無遅刻無欠席)。(これって嬉しいことなのか、悲しいことなのか・・・)
9.飛行機の中で痴漢にあったことがある。(なんと前の席と席の間から手がでてきた!!)
10.日本でセスナを少し運転したことがある。(オットが経験したジャンボ操縦に比べれば、たいしたことないけど・・・)

今度日本語のアドバンスクラスで、このネタ使ってみよう。

"自分のブログを持っていない方は、このブログのコメント欄に「自分が少数派になるだろう項目ベスト10」を、ぜひとも書いてください。匿名でも、ベスト3でも、結構です。もし、自分のブログを持っている方は、トラックバックを使ってこのエントリーとリンクを張って、自分のブログに「自分が少数派になるだろう項目ベスト10」を書き、最後にこの段落をコピーして貼り付けてください。よろしくお願いします。"「Life is beautifulより」

柿の葉ずし


頂いた柿の葉ずし。ほんのり柿の葉の香りがしみこんださわやかな風味。すし飯とまろやかな鯖のバランスが絶妙。上品な一口サイズがまた嬉しい。食べ方に“葉ごと焼くと、香ばしさを楽しんでいただけます“と書いてあるのを発見。すでに時は遅し。

奈良にある総本家 平宗(ひらそう)「柿の葉ずし」

Vivid memories (Nature & Link UP)

Saturday, November 06, 2004

コーラ煮


昨日は日本からNapaさん(カリフォルニアワインクラブの会長)が仕事で渡米。仲間で料理やワインを持って集まる。持っていった料理はこれ。コーラで豚を煮込んだコーラ煮。日本に帰国してしまったAさんのレシピ料理。美味しい上とっても簡単。(作り方はコメントをどうぞ)

いなりそば


これは、いなりずしにお蕎麦が入っているもの。日本に帰国してしまったKさんからのレシピ。なめたけの味がせず、Kさんの味とは違うちょっぴりがっかり味。本当はこんな味じゃないんだけど。オットからもちょっぴりブーイング。<作り方はコメントへ>

皆でワイワイ


貴重な白で乾杯。いらっしゃいNapaさん。一口飲んで体がカーとする。アルコールが強い白。酸味がキリと光って美味しい。いつもながら美味しいワインと料理。他愛もないおしゃべり。そして子供たちの笑い声。楽しい時間がまったり過ぎていく。

そして何気におかれているほうずき、そしてこのキャンドルたて、うふふ私好み。

メインディッシュ


そしてHostのkazukoさんが作ってくれたメインディッシュ。わああ、まるでレストランの料理。このレンズ豆のソースはコクがあって絶品。お肉もホロホロに柔らかく、口に入れた瞬間にとろけだす。う~ん。酸味がしっかりあるピノとの相性が抜群だこと。これはWhole Foodsのお肉ですか?

カリフォルニアワイン


85年のWilliam Selyem圧巻。そして次々ピノのオンパレード。同じ年、同じソノマバレーでも、こうも味が違うものなんだと感動。家から持ってきた99年のキャベルネのPride。ひえ~ブショネ。またですか!!いつもいつも申し訳ないです。どうしてこうもブショネにあたるのだろうか。この前は2本持っていって、2本ともブショネだったし。そしてホストが最後出してくれたピノはブラインドで。うふふ、ホストの人柄で当てちゃったもんね。なかなか手に入らない貴重なJ. Rochioli。Napaさん、Kazukoさん、そして皆さん、本当にご馳走さま。

モンキーブレッド


デザートはmikamikaさんが作ってきてくれたこのパンとゴマプリン。モンキーブレッドって一度食べてみたかった。出会えて感激。干し葡萄がモンキー、そしてパンがサル山に見えることからモンキーブレッドというそう。へえ~、なんとも可愛らしい名前。そしてお味も最高。

帰りの車でふと思う。このような幸せが当たり前だと思ってはいけない。しっかりかみしめて休もうっと。

Thursday, November 04, 2004

豆腐とおから


今週のお仕事も無事終了。そう、明日の金曜日はのんびりタイム。特別の用事がなければ陶芸に行くのが日課。私のストレス解消手段。

こちらでも手作り豆腐とおからが買える。San Jose豆腐が$1.99 おからが35セント。

しっとり卯の花


一ヶ月に一度は作る卯の花。二人なのにこんな大量に作ってしまう。すぐ悪くなるから毎日おから。
水で戻した干し貝柱をダシごと入れるのがゆっこ風。コクがでて旨い。もちろんおからを乾煎りなんてしない。最後にごま油を鰹節と白ごま。やっぱり美味しいや。

追伸:飽きたらこれにマヨネーズを入れて、ポテトサラダ風にして食べるのもよし。(yuukoさんから教えてもらいました)。おからの上にマヨネーズをかけ、オーブントースターで焼いて食べるのもよし。(それをヒントに考えてみました)。

Wednesday, November 03, 2004

結果は・・・


密かにケリーを応援していた私としては、かなりがっかりきている。今回の投票を見て思ったのは、カリフォルニア=アメリカじゃないんだなあ~ということ。

アメリカ東部や西海岸の都市部は、民主党のケリー支持。しかし、内陸部、南部の地域に住む大多数のアメリカ人は、やっぱり保守的で、伝統的なキリスト教徒だと強く感じる。様々な価値観があるアメリカ、これからどう進むのかな。ここで政党や宗教を聞くのはタブー。

サンフランシスコに行く途中にみかける謎の像。「あんたに決まり」っていうポーズ。これって一体何?

Tuesday, November 02, 2004

投票


私には選挙権がないが、この日に間に合う様に出張から帰ってきたオットにくっついて投票に向かう。昼間のせいか、じいちゃん、ばあちゃんが多かったなあ。大統領選挙、こんな感じなんだ。まるでおのぼりさんのように、キョロキョロ。落ち着きがなかったせいか、ブレブレの写真(涙)。(オットのサイトにもう少し写真がのってます!!)

暇つぶし


しばらく一緒にオットと並んでいたが、順番が近づいてきたから外で待つ。退屈な私はこんな写真を撮って一人ニヤニヤ。おお、足が長いじゃん!!こっちの角度はもっと長い!そんな姿を投票が終わって戻ってきたオットが見て、呆れていたのはいうまでもないか(笑)。みんなが真剣に向き合っているこの瞬間にこんなことをしている私って・・・。

Monday, November 01, 2004

大統領選挙


なんだか時々無償に食べたくなる、このアメリカンドック。美味い!!っていうほど美味しい訳でもないんだけどなあ。こちらでは、コーンドックと言う。

とうとうやってきた。明日は大統領選挙。世界中が注目しているはず。目が離せない。二人の兄弟がやっているサイトJibJab.com 。一日何万件とアクセス数があるという。ここの中のケリーとブッシュのパロディーが今注目を浴びているとニュースでやっていた。二人の特長がよく描かれていて、結構笑える。いや、かなり笑えた。